週刊ロビ 8号・9号が来ました

久しぶりに週刊ロビの製作日記が書けます^^


やはり、書店発売日より2日早い到着で嬉しいですねぇ

まあ、8号は1週間遅れですが・・・。


今回は何故か梱包が分厚かったんで、「」って思ったんですが、梱包を解くと・・

      読者全員プレゼントの ボイス付クロック

が同梱されていました^^

確か、1号から35号までの購読で、パッケージに付いている応募券を専用はがきで

送ると貰える物ですが、定期購読はいち早く手に入るみたいですねぇ

並べてみました。

08-1.jpg

     中央の箱がプレゼントです。



箱の中には、

08-2.jpg

時計が1つ入っています。

・・・・ おっと、単三電池のストックが無い・・・

どんな声でお知らせしてくれるのかは後日の楽しみになってしまいました・・・




気を取り直して、8号の製作に取り掛かります。


08-3.jpg


     今回もあっさりした内容です。



付属のパーツは、

08-4.jpg


     ・ サーボモーター

       ・ 左耳パネル

       ・ M2×4.5mm皿ネジ(1本余分に入っています)



これまた、あっさりした内容です。

早速、製作に取り掛かりましょう。

詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です^^

まずは、保管しておいたパーツ達を準備します。

08-5.jpg

     ・ 7号で組み立てたヘッドスタンド

       ・ 6号で保管したサーボケーブル

       ・ 1号で保管した右耳パネル(ようやくの出番です)

       ・ 3号で保管した保護シール



右耳パネルなんて、1か月以上の保管ですよ。

最初は左耳パネルの取り付けから。

08-6.jpg


     ロビ君を左に向けて、左耳パネルを

          M2×4.5mm皿ネジ

       で取り付けます。



次に、ロビ君を右に向けて、

08-7.jpg


     右耳パネルを

          M2×4.5mm皿ネジ

       で取り付けます。




次は、私にとっては老眼鏡必須の作業です


08-8.jpg

     保護シールをサーボケーブルに貼り付けます。
       



この保護シールを貼る作業は、サーボケーブルをサーボモーターに取り付けてから貼り付ける方法もあると

組立ガイドには書かれていますので、その方が楽に貼れるかもしれません。



次に、サーボモーターを用意します。

08-9.jpg


     サーボモーターのネジ4本を抜き、

       裏ぶたをゆっくりと外します。

       この時に、基板が浮いてしまわないよう注意します。



先ほどのサーボケーブルを用意します。

08-10.jpg


     基板上の白いコネクター(どちらでもOK)に

       サーボケーブルを接続します。

       この時に、保護シールを貼る方が貼りやすいかも。



そして、

08-11.jpg


     裏ぶたの丸い穴にサーボケーブルを通し、

       元通り4本のネジで締めます。



次は、サーボモーターに「ID番号」を書き込みます。

このID番号の書き込みを間違うと、

    ロビが正常に動かない

    故障の原因になる

とのことなので、慎重に作業を進めます。

08-12.jpg


    電源スイッチがOFFになっていることを確認し、

      ヘッドセットの裏にあるテストボードから首の

      サーボケーブルを抜きます。



先ほど作ったサーボモーターを用意します。

08-13.jpg


     サーボモーターのケーブルを接続します。



電源スイッチをONにします。すると、

06-14.jpg


     全てのLEDが2回点滅し、


              

06-15.jpg


     1番のLEDのみが点灯します。



ここで、「TEST/SET」と書かれたスイッチを押すと、モーターのシャフトが

       左45度   右45度   正面

と回転してから止まります。

次は、サーボモーターにID番号を書き込みます。

08-14.jpg

     テストボードの「UP」と書いてあるスイッチを

       17回押して、


              

08-15.jpg

     10番8番のLEDが点灯するようにします。



2つのLEDの点灯が確認できたら、「TEST/SET」スイッチを長押しします。

すると、10番と8番のLEDが素早く点滅した後、約3秒後に点灯に変わります。

これで、ID番号の書き込みは完了です。

今後製作するサーボモーターには、それぞれ割り当てられたID番号があるとのことです。

最後は、電源をOFFにしてからサーボモーターのケーブルを抜き、元の首のモーターの

ケーブルを接続しておきます。

08-16.jpg

以上で、8号の製作は完了です。




趣味・ホビー ブログランキングへ

スポンサーサイト

アニメ「けいおん!」の聖地でピック購入

週刊ロビが来ないと、なかなかブログが進みませんねぇ

昨日の日曜日は天気もいまいちだったんで、ギターの練習にも行けず、

ギター関連グッズの補給に行ってきました。



・・・と行っても、ピックを買いに行っただけですが^^


アニメ「けいおん!」を見たことのある方は当然ご存知で、「今更なにを・・・」でしょうが、

登場人物の女の子が(詳しいことは割愛しますが)エレキギターを購入したのが

アニメの中では「10GIA」というお店で、実は実在する店がモデルなんです。

十字屋


     店名が「10GIA」になっています。

(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


この店は京都三条にある「JEUGIA(十字屋)本店」がモデルになっています。


実は、大阪の茨木市にある「イオン茨木店」の3階にもこの店舗があるんです。


詳しくはJEUGIAイオン茨木店のHPをご覧ください。


昨年、この店でFenderのストラトを購入したんですが、その後もちょくちょく利用しています。


大阪市内の「イシバシ楽器」も利用するんですが、どうしても大阪市内は駐車場を探すのに

手間取ったりするんで、なかなか足を運べません。


このJEUGIAで昨日は「ピック」を買ってきました。

pic.jpg

     ティアドロップ型 と おにぎり型 です。

       お店の紙袋に「JEUGIA」と書いてますね^^



FenderとGibsonのブランド名の入った物をいつも選んでるんですが、今回は写真の右下にある

ちょっと変わったピックを1枚買ってみました。

これは「Wedgie(ウェッジ)」のNylon XTというピックらしく、指の当たる部分に滑り止め加工が

施されています。

持った感じは、滑りにくくて良さそうなんですが、まだ試奏していないので、使った感想はまた後日にでも

報告します。




週刊ロビ:7号 製作します!

書店での発売よりも2日も早く届いた「週刊ロビ(再刊行版)7号」ですが、

6号をすぐさま組み立ててしまい、7号はもう少し後と思っていましたが、

やはり、欲望には勝てずに取り掛かってしまいました・・・


まずは、ビニールパッケージを開封です。

07-1.jpg

     あいかわらず、くり抜いた段ボールに収まっています。




付属パーツを並べてみました。

07-2.jpg
     今回のパーツは
        ・ 左耳ベース
        ・ 左耳裏側カバー
        ・ 右前腕カバー(今回は使わないので保管します)
        ・ M2×4.5mm皿ネジ(1本余分に入っています)
        ・ M2×6mm皿ネジ(1本余分に入っています)
        です。



次は、前回までに組み立てた部品などを用意します。

07-3.jpg

    4号で組み立てた右耳

      4号で組み立てた頭部

      6号で組み立てたヘッドスタンド




では、今号の組み立てに取り掛かります。

ここからの詳しい作り方は、いつものようにデアゴ社の公式HPを確認です^^


07-4.jpg

     右耳ベースに右耳裏側カバーを

         M2×4.5mm皿ネジ

       で取り付けます。




次に、頭部を用意し、まずは左に向けます。

07-5.jpg

     先ほど組み立てた左耳を

         M2×6mm皿ネジ 3本

       を使って頭部に取り付けます。




今度は頭部を右に向けます。

07-6.jpg

     4号で組み立てた右耳を先ほどの左耳同様

         M2×6mm皿ネジ 3本

       を使って取り付けます。




最後は、頭部をヘッドスタンドに取り付けます。

07-7.jpg
     シャフトのカットされている部分が、

       背中方向に向いていることを確認し、ロビ君の

       首の穴と合わせるようにしてはめ込みます。





電源スイッチを入れ、1番のLEDが点灯したのを確認したら、「TEST/SET」スイッチを1回押します。

すると・・・

07-8.jpg

    ロビ君が左45度の方向を向き・・・、



              


07-9.jpg

    続いて右45度の方向を向き・・・、



              


07-10.jpg

     最後に正面を向いて止まります。



前回、サーボモーターが動いただけで「静」から「動」へ移ったと感激しましたが、

今回はロビ君の顔が左右に動いたのを確認できたので、ますます感激です。

サーボモーターの音も意外と可愛いですねぇ^^

またしても、次号が待ち遠しいです。



週刊ロビ:6号・7号、到着です!

昨日、ギターの練習から帰ってきて、ブログを書いていた時に、ふと

     昨日はメールの確認をしてないなぁ

と思い、チェックすると、土曜日付でデアゴ社から

     本日、週刊ロビ(再刊行版):6号・7号を発送しました。

とのメールが入っていました。

ということは、

     今日(日曜日)届くの?

と思った矢先、郵便屋さんがインターホンをピンポーン!

出てみると、しっかり「週刊ロビ6号・7号」でした^^

前回は月曜に着いて、

     「お、書店より1日早い」

と喜びましたが、今回は2日も早い到着です。

郵便屋さんによれば、

     「ディアゴスティーニの本は、大体、日曜に配達してます。」

とのことでした。

偶数号は手に入るのが1週間遅れになりますが、合わせて送ってくる奇数号が

2日前だから、ちょっとだけ得したような気分です(小市民ですから・・・)。


早速並べてみました^^

06-1.jpg


06-2.jpg

     6号の方が若干薄いです。



ハヤル気持ちを抑えつつ、早速6号を開封です^^

06-3.jpg

     くり抜いた段ボールにパーツが収められていました。



付属のパーツを並べると・・・

06-4.jpg

     今回のパーツ達

       ・ バッテリーケース
       ・ サーボケーブル(今回使わないので保管です)
       ・ 両面テープ(若干クッション性のあるものです)
       ・ M2×6mmなべネジ(1本余分に入っています)



なんか少ないですねぇ・・。

06-5.jpg

    5号で組み立てたボディ

      3号で保管したテストボード

    を用意します。



ここからの詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です^^



まずは、テストボードを袋から出します。

06-6.jpg

    基盤部分に触れないよう注意しましょう。




次にロビ君のボディ部の背中側にこのテストボードを取り付けます。

06-7.jpg

    今回付属の

         M2×6mmなべネジ 4本

      を使って取り付けます。



次はバッテリーケースです。

06-8.jpg

     蓋のネジを外します。




あらかじめ用意しておいた「単三乾電池」をセットします。


06-9.jpg

    当然、100均の電池です^^

      プラスマイナスを間違わないようにセットします。

       (まず、そんな人は居ないと思いますが・・・^^)



電池をセットして、蓋を元に戻し、ネジをしめます。


次に、ロビ君のボディの底に両面テープを貼ります。

06-10.jpg

     こんな感じで貼ります。

       底のネジが隠れないように注意して貼ります。



いよいよ、バッテリーケースをボディの底にセットです。

06-11.jpg

     バッテリーケースの裏表を間違わないように・・。

       間違うと電池の交換ができなくなります



06-12.jpg

     ボディの胸の部分から少し後退し、

       背中の部分からスイッチが見えるようにセットします。



次は、サーボケーブルとバッテリケースから出ている電源用配線をそれぞれテストボードに接続します。

06-13.jpg

     接続する時は、バッテリーのスイッチが

          OFF

       になっていることを要確認です。




接続が終われば、いよいよロビ君の一部が目覚めの時です

06-14.jpg

    電源スイッチを入れると、全てのLEDが

            2回点滅

      します。



             


06-15.jpg

     その後、

            1番のLED

       のみが点灯します。




これで準備完了です。

テストボードの TEST/SET と書いてある小さなスイッチを軽く1回押すと、

サーボモーターが

      左45度  右45度  正面

と回転して止まります。

いやぁ、小さな動きですが、ロビ君が「静」から「動」に移った瞬間です(ちょっと大袈裟かな^^)

テストが無事終わったら、電源スイッチをOFFにして作業は終了です。

06-16.jpg

   7号では、ロビ君の顔をセットして、
 
   首振りテストができるみたいです。

   ・・・すぐにでも、取り掛かりたい・・・・^^



久しぶりにギター練習(Bb箕面船場店にて)

今日は、とりたててすることもないので、久しぶりにギターの練習に行ってきました。

週刊ロビもまだ来ないことだし・・・。


学生時代にはフォークソングにはまっていたんですが、最近エレキギターに目覚めましたんで

その練習に行ってきました。


日頃は、ご近所迷惑を考えて、アンプにヘッドホンをつないで、こじんまりと練習しているんですが、

今日は久しぶりに近隣にあるレンタルスタジオで思いっきり弾いてきました


レンタルスタジオといっても、アミューズメント施設の中にある1室なんですが、

これが意外と設備も揃っていて、なおかつ、一定の入場料金以外は必要がなく、

なかなか、使える施設なんですねぇ^^

大阪の箕面市にある、

           Bb箕面船場店

という施設です。

BB1.jpg
     こんな感じの建物です。



入り口で受け付けを済ませれば、中にあるゲームセンターや、サバイバルゲーム、ボーリング

卓球、カラオケなど遊び放題の施設です。

ボーリングなどは、靴代は別途必要ですが、何ゲームやっても入場料金のみなので、日曜日は

親子連れで結構にぎわっています。

2階にカラオケルームがあり、そのうちの4室がレンタルスタジオになっています。

BB2.jpg

     今日借りた部屋です。

       ドラムの横にあるのは、私の愛機

           Fenderのストラト

       です。



今日借りた部屋は、キーボードの無い部屋でしたが、私には関係のないものなので

ギターアンプと持参したCDがかけられれば問題ありません。


BB3.jpg


     ギターアンプとミキサーです。

       自分の演奏を録音する人には重宝ですねぇ

            私はCDをかけるだけですが・・・。



部屋には、基本的に

     ギターアンプ   ベースアンプ

     ドラム    ミキサー   マイクスタンド   譜面台

がセッティングされており、部屋によってはキーボードのあるところもあります。

当然、防音室なので、日頃のストレスを発散させるかのごとく、ガンガンに音量を上げて

練習してきました。

パトカー模型・番外編

昨日、デアゴ社から「週刊ロビ・6号」の発売メールが届きました。

しかし、うちに来るのは来週の7号と合わせてなんで、待ち遠しいですねぇ・・・。



さて今日は、過去の模型から「パトカー模型・番外編」です^^


皆さんは、過去のアニメで「機動警察パトレイバー」というのをご存知でしょうか?


近未来の設定で、

  ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」

  による「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁警備部内の特機部隊に設けられた

  「特科車両二課中隊(通称・特車二課)」の話

です。



最近では、実写版が公開されていますねぇ(内容については賛否両論いろいろですが・・・)


このアニメに登場する警視庁のレイバーが「パトレイバー」です。

パトレイバー01

    主人公の女の子(特車二課第二小隊隊員)

         「泉 野明(いずみ のあ)巡査」

      が搭乗する「イングラム1号機(通称:アルフォンス)」

      を再現しました。




この模型が出た当初は、ガンプラのMG(マスターグレード)版のような感じで

単純に組み上げただけでしたが、可動部も多く、いろんなポーズをとらせることができました。


しばらくすると、両肩のパトライトを回転点灯させることができる電子キットが発売されたので

当然、組み込んでみました。


パトレイバー02

    けっこう、リアルに回転しているように見えたんですよ^^


      わかりにくいかもしれませんが、胸のコックピットには

      泉 野明巡査が搭乗しています。




結局、この作品も某オクで落札していただきました (^o^)

パトカー模型・警視庁

暖かい日が続いたと思えば、また若干寒い日がやってきましたねぇ

うちのマンションの桜もそろそろ散り始め、毎日桜吹雪で敷地内が悲惨なことになっています。


さて、今日は過去に作ったパトカー模型の紹介を



それまで、大阪府警の覆面や和歌山県警の覆面など、主に自分のテリトリーの

近畿方面ばっかりだったんですが、以前、大阪府警の交通機動隊覆面パトカーを

落札して下さった方から、警視庁の白黒パトカーを作ってほしいと依頼を頂き、

当時市販されていたパトカー模型に電飾を施して仕上げてみました。

警視庁01


今では、ネットで調べるとパトカー模型改造用のいろんなLEDや、電子回路が

販売されていますが、当時は天井の散光式パトライトのキット位しかなかったんで

点滅用の電子回路を利用したり、チップLEDを利用してフロントグリルの警光灯を

点滅させました。



依頼者の方は東京にお住まいの方で、大変喜んでいただきました。


警視庁02


この他にも、大阪にお住まいの方から、自分が住んでいる地域に配備されている所轄のパトカーの

ナンバーを送ってきて、それで作ってくれという依頼もありましたねぇ。


もちろん、リアルに仕上げてお譲りしたんですが、こちらはうっかり写真を撮り忘れてしまいました。

ちょっと試行錯誤

週刊ロビも当分届くこともないので、せっかく始めた当ブログを

いろいろといじってみたくなってきました。

まだまだど素人ですが、模型と一緒で何かしら手を加えてみたくなる性分なもので・・・

そもそも、このブログ自身は左の「おすすめの本」に紹介している

    はじめてのFC2ブログかんたん作成入門

という本を見ながら作り始めたんですが、やり始めて、他の皆さんのブログを見ていくうちに

    おっ、ここはこんな感じがいいな とか こんな感じにしたいな

などという欲が出てきました。

結局、さらにもう一冊参考書を購入することに・・・。




この本は初心者にもわかりやすく、結構深いところまで書いてあると思い、もし私のように

始めたばかりの方が、当ブログを読んでいただけた時、少しでも参考になればと思い、紹介しました。



    (こういう紹介の仕方は、左のおすすめの本に載っていたので、さっそく試してみました。)

さて次回は、久々にパトカー模型のお話でも・・・。



週刊ロビ:5号製作・・・我慢できなくて

いよいよ、桜も満開ですねぇ。

うちのマンションも敷地内の桜が満開状態です 

IMG_0548.jpg

    咲いている時はきれいなんですけど、

      散ると敷地内が花びらまみれになるんですよねぇ





前回、週刊ロビ4号を製作し終えた時に、

    次の発送まで2週間あるから、5号はじっくり作ることにしよう

なーんて、思っていたんですが、5号のパッケージを見ていると、どうしても中身が確認したくなり、

とうとうオープンしてしまいました 

05-1.jpg

  なんか今までと全然違うぞ。

今までは、透明のパッケージで部品がそれぞれ区分けされていたのに、

今回はビニール袋に同梱されている。

なんかの「おまけ」みたいな梱包ですねぇ・・・。

これでは、部品が全てそろっているのか確認しにくいので、とりあえず袋を開封しました。

05-2.jpg
    今回のパーツ
      ・ 左胸カバー(ヘッドスタンド用)
      ・ 左上腕カバー(ヘッドスタンド用)
      ・ バックカバー(ヘッドスタンド用)
      ・ M2×12mm皿ネジ
      ・ M2×6mmなべネジ
      ・ M2×4.5mm皿ネジ
      で、ネジはいつも通り1本余分に入っています。



それぞれのパーツが1つずつビニール袋にパックされ、それらをまとめて1つの袋に入っていました。

これで、パーツの不足がないかの確認は終了です。

  ・・・ そうだ! このままではパーツをなくしかねない ・・・

と自分に言い訳をし、仕方なく(?)製作に取り掛かることにしました。

詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。

まず、左胸カバー(ヘッドスタンド用)に左上腕カバー(ヘッドスタンド用)を

2本のなべネジを使って取り付けます。

05-4.jpg

    こんな感じになります。

        今回から「ミニロビ君」がナビゲートします 



次に、今まで作成して保管していたパーツを用意します。

05-3.jpg
    この子達ですね。

       ・ 3号で組み立てた「右胸」
       ・ 4号で組み立てた「サーボモーター」
       ・ 3号で保管した「マフラー」



まず、先ほど組み立てた左胸パーツと保管していた右胸パーツを合わせ、マフラーを乗せます。

さらに、サーボモーターを合わせて4本の皿ネジで取り付けます。

05-5.jpg

    おっ! 上半身っぽい!



最後は、今出来上がった上半身に、バックカバーを4本の皿ネジで取り付けます。

05-6.jpg

    上半身、後ろからの図

       左上の切込みから「サーボモーター」の

       ケーブルを出すのを忘れないように。




これで、今号の製作は終了です。

結局、丸々2週間の待ち時間を作ってしまいました・・・・。

05-7.jpg

    ちょっと勇み足で、頭部を乗せてみました。


次号では「単3用バッテリーケース」が付いてきて、テストボードを使用してサーボモーターの

試運転ができるみたいですね。    楽しみ、楽しみ・・・






プロフィール

つかさ1151

Author:つかさ1151
2014年3月からブログに
チャレンジしています。
週刊ロビの製作日記で始めた
ブログですが、好きな模型作りや
最近始めたエレキギターの
話もしようと思います。
2017年6月からはロビ2の製作も
スタートです^^
このブログについて

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ギター練習にどうぞ^^
月別アーカイブ
おすすめの本
ようこそ!
検索フォーム
現在時間ですよ
カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
おすすめ
サウンドハウス
リンク
けいおんファンなら
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム