週刊ロビ 30・31号到着です。

この前の日曜日は、昼間、大阪の堺東で所用ついでに

   堺ブルースフェスティバル

を見てきましたが、帰宅すると予定通り「週刊ロビ 30・31号」が来ました。


30-1.jpg



早速、30号の製作に取り掛かることに・・・。

30-2.jpg

     開封しました。




今回のパーツは、

30-3.jpg
     ・ 右すね内側カバー

       ・ 右ひざフレーム

       ・ サーボケーブル(70mm)

       ・ M2×7mm皿ネジ(1本余分に入っています。)




以上ですね。



では、組み立てに取り掛かりたいと思いますが、これらパーツの他に、

30-4.jpg

     ・ 28号で組み立てた右脚
 
       ・ 29号でIDを書き込んだサーボモーター

       ・ 保護シール



も用意しておきます。

いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まずは、28号で組み立てた右脚と今号の右すね内側カバーを用意し、

30-5.jpg

     サーボケーブルを矢印の方向から通し、


              

30-6.jpg

     さらに矢印の方向へ通します。




次に今号の右ひざフレームを用意し、

30-7.jpg

     矢印の丸い穴に先ほどの

       サーボケーブルを通します。





次に29号で組み立てたサーボモーターを用意し、

30-8.jpg

     4本のネジを抜いて裏ぶたを外します。


              

30-9.jpg

     先ほどのサーボケーブルを基板上の

      空いている方のコネクターに接続します。


              

30-10.jpg



次に、

30-11.jpg
     サーボモーターから出ている

       短いサーボケーブルを

       右ひざフレームの細長い溝に

       内側から通します。


              

30-12.jpg



サーボケーブルを引っ張りながらサーボモーターを右ひざフレームに合わせます。

30-13.jpg

             

30-14.jpg

     4本のネジで固定します。





次は、今サーボモーターを取り付けた右ひざフレームを右脚に取り付けます。

30-15.jpg

     右脚とサーボモータシャフトの

          Dカット部分

       をしっかりと合わせます。


             

30-16.jpg



次は、右すね内側カバーを右脚に取り付けますが、

30-17.jpg

     赤丸青丸の部分をそれぞれ合わせます。


              

30-18.jpg

     サーボケーブルは外へ引き出しておきます。


              

30-19.jpg

     2か所のネジ穴を合わせます。

        ※ 意外と合わせにくかったです。


              

30-20.jpg

     M2×7mm皿ネジ2本で固定します。





最後は、サーボケーブルに保護シールを貼って終わりです。

30-21.jpg


サーボケーブルの裏表を確認し、両端のコネクターの

15-11.jpg

    PUSHと書いてある側に保護シールを

      貼ります。




以上で今号の作業は終了です。

30-22.jpg

次号はサーボモーター1個だけみたいですので、また若干様子見かな^^







趣味・ホビー ブログランキングへ
スポンサーサイト

堺ブルースフェスティバル

余談ですが、昨日の日曜に所用で大阪の「堺東」というところに行ってきました


以前住んでいた所の近くなんですが、堺市役所前の広場に大勢の人だかりが・・・。

興味本位で見に行くと、

      堺ブルースフェスティバル

というのをやっていました。

img_0882.jpg

     パンフレットも配っていました。




よく見ると、出演者の方も観客も、結構「熟年」の方が多く、

ロックフェスティバルとは違った雰囲気が漂っていましたねぇ^^


1img_0881.jpg


屋外ライブなんで、音量も大きく、迫力ある演奏を堪能してきました。


帰宅後、週刊ロビ30号・31号が届いていたので、早速30号を組み立てました。

その内容は、後程・・・・・








趣味・ホビー ブログランキングへ

週刊ロビ・29号作成です

久しぶりに、「週刊ロビ」ネタです^^

明後日の日曜には30・31号が来る予定なんで、ストックしていた29号に手を付けました。


今号はサーボモーター1個しか入っていないのがわかっていたので、

また、アッという間に終わってしまうでしょうが・・・


まずは開封しました。

29-1.jpg


パーツは、

29-2.jpg

    やはり、サーボモーター1個だけです。




この他に、

29-3.jpg

     ・ 28号で保護シールを貼ったサーボケーブル

       ・ ヘッドスタンド



も用意します。


では、組み立てに取り掛かりたいと思います。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まずは、サーボモーターの4本のネジを抜き、裏ぶたを外します。

29-4.jpg




次に、28号で保護シールを貼ったサーボケーブルを用意し、基板上の白いコネクターに

接続します。

29-5.jpg

     今回は、接続する側を指定してありました。

       ※ 写真の側に接続します。


              

29-6.jpg

              

29-7.jpg

     サーボケーブルを裏蓋の丸い穴に通し、

       4本のネジで元通りに固定します。





次にヘッドスタンドを用意し、サーボモーターのテストとIDの書き込みを行います。


まず、ヘッドスタンドのコネクターに先ほどのサーボモーターのケーブルを接続します。

29-8.jpg



電源スイッチをONにすると、

06-14.jpg


     全てのLED2回点滅し、


             

06-15.jpg


     その後、1番のLEDだけが点灯します。



この状態で、基板の「TEST/SET」スイッチを押すと、サーボモーターのシャフトが、

        左45度     右45度    正面

と回転して止まります。


次は、サーボモーターにIDを書き込みます。

08-14.jpg

     「UP」スイッチを3回押して


             

29-9.jpg




     4番のLEDが点灯した状態にします。




この状態で「TEST/SET」スイッチを長押しすると、4番のLEDが

    素早く点滅した後、約3秒後に点灯

に変わります。

これで、IDの書き込みは完了です。

電源スイッチをOFFにしてから、サーボケーブルを外します。


これで、今回の作業は終了です。

やはり、あっという間でした。


日曜が待ち遠しいです^^






趣味・ホビー ブログランキングへ

けいおん!聖地巡礼パート2の2

前回に引き続き、「けいおん!」聖地巡礼の記事です。

前回は、建物の外観を紹介しましたが、今回は建物内に移動です。


と、その前に、外観をおおむね撮影したらお昼時になりましたので、

現在は観光案内所兼カフェになっている図書館へまずは移動しました。

k10-1.jpg   k10-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部




御覧のように図書館ではなく、カフェになっています。

写真右奥は、売店兼案内所でした。

k21-1.jpg   k21-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


カフェから2階へ続く階段付近は「けいおん!」グッズであふれかえっていました。



このカフェで

k-12.jpg


     カレーのちライス(税込700円)



を食べました。

k-11.jpg   k36.jpg





また、奥の売店ではお土産も売っていましたので、

k37.jpg   k38.jpg

           登校証明書                     うさかめストラップ



k39.jpg   k40.jpg

       けいおん!ピンバッチ                       同裏側


などを買いました。


そして、食後は校舎内へ。

今回もいろいろと撮影して比較していますが、角度の違いなどは素人ということで・・・^^



まずは、ファンの間では定番の部室へ上がる階段です。

k13-1.jpg   k13-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k15-1.jpg   k15-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k15-3.jpg   k15-4.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k24-1.jpg   k24-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k25-1.jpg   k25-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k26-1.jpg   k26-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k29-1.jpg   k29-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


ざっとこんな感じでしょうか^^



音楽室前の天井には・・

k22-1.jpg   k22-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


コンパス(方位計)がついてありました。


そして部室の中は、

k33-1   k33-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k14-1.jpg   k14-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部           サンプルなので食べれません^^


k20-1.jpg   k20-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k32-1.jpg   k32-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


こんな感じでした。


お隣の音楽室は、

k16-1.jpg   k16-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k17-1.jpg   k17-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部



続いて講堂へと向かいました。

k09-1.jpg   k09-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


当日は残念ながら横の控室には入れませんでした。


その後、校舎内をいろいろと探索してみました。

k18-1.jpg   k18-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部          すでに閉栓されているようでした。


k19-1.jpg   k19-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部          適当な部屋を撮ってみました。


k23-1.jpg   k23-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k34-1.jpg   k34-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k27-1.jpg   k27-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k28-1.jpg   k28-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部         ずらりと並ぶ靴箱はありませんでした。




結構長い間滞在し、これら以外にもたくさんの写真を撮って満足して戻ってきました。

もう少し近ければ、頻繁に訪問してしまいそうです^^


今回の内容も「けいおん!」の背景を比較目的により引用させていただきました。

作品の著作権(画像等も含みます)は、かきふらい・芳文社/桜高軽音部に全て帰属しますので転載は厳禁です。






趣味・ホビー ブログランキングへ

けいおん! 聖地巡礼パート2

昨日はようやく晴天の日曜日。

先週も天気は良かったんで、「けいおん!」の聖地巡礼に行こうと

家を出発したものの、高速入口で「この先30kmの渋滞」の表示が・・・。

あきらめて戻ってきました。


しかし、昨日は事前に日本道路公団のHPで前もって確認して出発。

事故はいつ起こるかわかりませんが、覚悟して家を出ました。


結果、途中1か所で故障車のため1車線をふさいでいて少しだけ

渋滞しましたが、それ以外はスムーズに目的地に到着しました。


向かった先は、「けいおん!」の中で登場する「私立桜が丘女子高校」の

モデルとなった、滋賀県豊郷町の

         町立豊郷小学校旧校舎

です。大阪の吹田から名神高速を使って2時間くらいで到着しました。


他の「けいおん!」ファンの人のブログにも多数の比較写真が載っていますので、

私もご多分に漏れず、撮影しまくってきました^^


まずは、外観編です。

k02-1.jpg   k02-2.jpg
  (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部



第1期オープニングでは、

k02-3.jpg   k02-4.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


こんな感じでしょうか^^

さらに、第2期第2話「整頓」編では、

k01-1.jpg   k01-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


こうですかねぇ^^


続いて敷地内へと入っていきます。

k03-1.jpg   k03-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k31-1.jpg   k31-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


有名な胸像で、同校創設者の

    古川鉄治郎氏

です。


本館を更に撮影しました・・・・・ 微妙な角度差は素人の撮影ってことで^^

k04-1.jpg   k04-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k04-3.jpg   k04-4.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部




次に講堂の前にある噴水です。

アニメと噴水口が違いました。

k05-1.jpg   k05-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部




続いて講堂です。

k07-1.jpg   k07-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


k30-1.jpg   k30-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部



講堂へ続く廊下です。

k08-1.jpg   k08-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


アニメと違ってガラスの自動ドアになっていました(訪問時は閉まっていました)。



外観最後は、図書室です。

k06-1.jpg   k06-2.jpg
 (C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部


アニメと同じ距離で撮ろうと思いましたが、時計台が気になりアップにしました。

その向こうにあるのが図書室で、今では案内所兼カフェになっていました。


このカフェでお昼ご飯を食べましたが、それは建物内側のお話と合わせて後日にアップします。



今回の内容は、「けいおん!」の背景を比較目的により引用させていただきました。

作品の著作権(画像等も含みます)は、かきふらい・芳文社/桜高軽音部に全て帰属します。






趣味・ホビー ブログランキングへ

やっと来ました、28・29号!

やはり、2週間分を一気に作ると、次までが非常に長かったです。

本日ようやく28号と29号が届きました。

28-1.jpg


早速、28号から開封しました^^

28-2.jpg


今回のパーツは、

28-3.jpg

     ・ 右すね外側カバー

       ・ 右すねフレーム

       ・ サーボケーブル(70mm)

       ・ M2×6mm皿ネジ(1本余分に入っています)





この他に、

28-4.jpg

     ・ 27号で組み立てた右足

       ・ 保護シール



も用意します。


では、組み立てに取り掛かりたいと思います。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まず、右すね外側カバーと右すねフレームを用意し、

28-5.jpg

     右すねフレームを右すね外側カバーに

       合わせます。


              

28-6.jpg

     M2×6mm皿ネジ2本を使って

       固定します。




次に27号で組み立てた右足を用意し、

28-7.jpg


     赤丸のDカット部分を合わせて

       しっかりとはめ込みます。


              

28-8.jpg



次は、サーボケーブルと保護シールを準備します。

28-9.jpg


サーボケーブルの裏表を確認し、両端のコネクターの

15-11.jpg

    PUSHと書いてある側に保護シールを

      貼ります。




以上で今号の作業は終了です。

28-10.jpg


今回も呆気なかったですが、次号を見ると・・・

またしてもサーボモーターが1個入っているだけみたいですねぇ。

一瞬で終わりそうなので、30号達が届く直前まで我慢するとしましょう^^





趣味・ホビー ブログランキングへ

週刊ロビ 27号製作・・・我慢できなくて

いつもは、来週の日曜まで待ってから、次号を作るんですが、

今回送られてきた27号を見ると、何やらとわかるパーツが・・・。

デアゴ社のHPを確認すると、やはり接地する部分の組み立てみたいです。

最近、サーボモーターにケーブル接続したり、サーボケーブルに保護シール貼ったりと

いまいちロビを作ってる感がなかったので、我慢できずに27号も手を付けました^^


27-1.jpg

     開封してしまいました^^




今回のパーツは・・・・  何やらしっかりした透明ケースに収められています。

27-2.jpg

     ・ 右足カバー   ・ 右足パネル

       ・ M2×7mm皿ネジ(1本余分に入っています)

       ・ M2×6mmなべネジ(1本余分に入っています)

       ・ M2×6mm皿ネジ(1本余分に入っています)




エンジ色のパーツは、足の裏みたいですねぇ。


この他に、

27-3.jpg
     ・ 26号でテープを貼ったサーボモーター

       ・ 25号で組み立てたサーボモーター

       ・ 24号で保管した

            足首ジョイント   足首サイドパネル



も準備します。


それでは、組み立てに入ります^^

いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まず、右足パネルと25号で組み立てたサーボモーターを用意します。

27-4.jpg

     サーボケーブルを右足パネルの溝に

       サーボモーターを矢印の箇所にはめ込みます。


              

27-5.jpg

     こんな感じです。

       サーボケーブルは無理のない程度に

       引き出しておきます。




次に、サーボモーターのシャフトに差し込んであるパーツを手前に倒します。

27-6.jpg



次は、保管しておいた足首ジョイントを用意し、

27-7.jpg

     矢印の方向に丸い突起部分をはめ込みます。


              

27-8.jpg

              

27-9.jpg

     M2×6mmなべネジ4本で固定します。




次は、先ほど溝にはめ込んだサーボケーブルを

27-10.jpg

     矢印の方向に通します。


             

27-11.jpg



今度は26号で白いテープを貼ったサーボモーターを用意し、4本のネジを抜いて裏ぶたを外します。

27-12.jpg

             

27-13.jpg

     サーボケーブルを赤丸の穴に通し、


             

27-14.jpg

             

27-15.jpg

     右足パネルから通したサーボケーブルを

       サーボモーターの基板上のあいている方の

       コネクターに接続します。



サーボケーブルが抜けないように注意しながら、サーボモーターを足首パネルにはめ込みます。

27-16.jpg

     サーボケーブルを矢印の方向に

       それぞれ引っ張っておきます。


             

27-17.jpg

     4本のネジでサーボモーターを固定します。





次に右足カバーを用意します。

27-18.jpg

             

27-19.jpg

     サーボケーブルを挟み込まないよう注意して

       右足パネルにはめます。


             

27-20.jpg

     右足パネルを裏返し、

       M2×7mm皿ネジ3本で固定します。





次に、足首サイドパネルを用意し、

27-21.jpg

     サーボケーブルをはさまないようにはめます。


             

27-22.jpg

     M2×6mm皿ネジ2本で固定します。




最後に足首フレームを起こして完了です。

27-23.jpg


やっと、足らしいものが出来上がりました^^






趣味・ホビー ブログランキングへ
プロフィール

つかさ1151

Author:つかさ1151
2014年3月からブログに
チャレンジしています。
週刊ロビの製作日記で始めた
ブログですが、好きな模型作りや
最近始めたエレキギターの
話もしようと思います。
2017年6月からはロビ2の製作も
スタートです^^
このブログについて

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ギター練習にどうぞ^^
月別アーカイブ
おすすめの本
ようこそ!
検索フォーム
現在時間ですよ
カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
おすすめ
サウンドハウス
リンク
けいおんファンなら
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム