今更ながらの「iphone5」ケース自作

来週まで、週刊ロビも来ないので、時間つぶしに「iphone5」のケースを

自作してみました。

といっても、透明のケースに好きな絵や写真を入れるだけですが・・・^^


ネットで調べると、いろんな方がチャレンジしてブログ等でアップされていますねぇ。

私も参考にさせていただきました。




とりあえず必要なのは、

        iphone5用透明ケース

        画像(写真や絵など)        
 
        画像編集ソフト  フリーソフトで充分です。



透明ケースはハードケースソフトケースなどいろいろありますが、そこは好みで^^


私は、得意のamazonで

iphone5ケース2



     これを買いました。



このケースはソフトですが、iphoneの液晶面よりも若干ふちが高いので、液晶保護も兼ねています。

購入時、送料込みの650円でしたので、失敗してもなんとかなりそうです^^。


次に、画像を用意します。


ペットの写真や趣味の写真などを入れている人も多いようですが、私は年甲斐もなく

   今更ながらにファンになってしまったガールズバンドの

           SCANDAL(スキャンダル)

関連の画像を探しました。


googleの画像検索で探すと、いろいろありますねえ。

そんな中から、気に入ったのが

MAMI-guitar.jpg
     ファンの人なら一目瞭然

        そうじゃない人には「何のことやら」なので、

        あえて説明は省きます^^




これ以外にも何種類かの画像を手に入れ、ペイントソフトで切ったり回転したり貼り付けたりと

いろいろ加工します。


もう一つは、iphone5のケース用型紙を入手します。

       型紙


     これもgoogle画像検索で手に入れました。




次に、それらの画像を透明ケースに収まるよう加工するんですが、その時に利用したのは、

ネットで紹介されていた、Libre Office というフリーソフトです。

現時点でバージョンは4.3になっています。

Officeと名がつくので、WordやExcel文書も編集できそうです。

このソフトの中の、 Draw というソフトを使用します。

簡単なソフトなんで、使用方法は割愛しますが、なかなか使えそうなソフトでした。

挿入  画像 を選んで貼り付けていくだけですが、この時、iphoneケースの

型紙のサイズを「位置とサイズ」の項目から 58mm×123mm に設定してやります。

キャプチャ

    A4用紙に4個作成できます。




これをとりあえず普通紙に印刷して確認します。

dscf1914.jpg

              

dscf1915.jpg

     カッターで切り抜きます。




一度ケースにはめてみて、微妙なサイズ調整をします。

今回のケースでは、縦が1mmほど大きすぎたので、122mmに調整しなおして本印刷しました。

dscf1916.jpg

     いろいろ作ってみました。





・・・・で、結局はこれに決定!

dscf1919.jpg




今後は、透明ケースがへたらない限り、いろいろと着せ替えできそうですねぇ^^






趣味・ホビー ブログランキングへ
スポンサーサイト

週刊ロビ:34号組み立て?ました。

前回に続き、週刊ロビネタです。

まあ、ロビを作る過程を載せるために立ち上げたブログなんで、当然といえば当然ですが・・・・^^


今回は、34号・35号が届きましたが、パーツを見ると、「なんかなぁ」って感じです。

34-1.jpg


とりあえず、34号から、

34-2.jpg

     開封しました。




今回のパーツは、

34-3.jpg
     ・ ラバーシューズ(左右)

       ・ 両面テープ(左右)

       ・ モップ(左右)

       ・ サーボケーブル(200mm)



以上です。


なんか、「ロボットを作る」感がしない作業になりそうですねぇ。


まあ、愚痴を言っても仕方ないので、与えられた作業に取り掛かることにします。


サーボケーブルも付いているので、

34-4.jpg

     保管している保護シール



も用意します。

それでは、作業に取り掛かります。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まずは、両面テープを用意し、ラバーシューズに貼り付けます。

34-5.jpg

     剥がす方向を間違えないよう注意です。

         まあ、間違ってもモップの方に貼れば済みますが




次にモップを貼り付けます。

34-6.jpg

              

34-7.jpg

     両方貼って終了です。




最後にサーボケーブル(200mm)に保護シールを貼ります。

34-8.jpg



サーボケーブルの裏表を確認し、両端のコネクターの

15-11.jpg

    PUSHと書いてある側に保護シールを

      貼ります。




以上で今号の作業は終了です。


34-9.jpg


なんか、最初の作業は、シリーズ最後の方でもいいような気がしましたねぇ^^


次号はサーボモーター1個だけみたいです。






趣味・ホビー ブログランキングへ

週刊ロビ・33号 ようやく組み立てました。


久々の「週刊ロビ」ネタです^^

明日、34・35号が来る予定なんで、とりあえず33号に手を付けました。


33-1.jpg

     開封しました。

       やはり、サーボモーター1個だけです。




あっというまに終わりそうですが、作業に取り掛かります。

これ以外に、

33-2.jpg

     ・ 32号で保護シールを貼ったサーボケーブル

       ・ ヘッドスタンド



も用意しておきます。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。



まず、今号のサーボモーターの4本のネジを抜いて、裏ぶたを外します。

33-3.jpg


次に、32号で保護シールを貼ったサーボケーブルを用意し、

33-4.jpg

     基板の白いコネクターに接続します。

       今回は場所の指定がありました。

           赤○の方です。


             

33-5.jpg


裏ぶたの丸い穴にサーボケーブルを通して、裏ぶたを4本のネジで元通りに固定します。

33-6.jpg

     この時、後で再度裏ぶたを外すことになるので

       あまりきつく締めすぎないようにします。





次にヘッドスタンドを用意し、サーボモーターのテストとIDの書き込みを行います。


まず、ヘッドスタンドのコネクターに先ほどのサーボモーターのケーブルを接続します。

33-7.jpg




電源スイッチをONにすると、

06-14.jpg


     全てのLED2回点滅し、


             

06-15.jpg


     その後、1番のLEDだけが点灯します。



この状態で、基板の「TEST/SET」スイッチを押すと、サーボモーターのシャフトが、

        左45度     右45度    正面

と回転して止まります。


次は、サーボモーターにIDを書き込みます。

08-14.jpg

     「UP」スイッチを1回押して


             

33-8.jpg





     2番のLEDが点灯した状態にします。




この状態で「TEST/SET」スイッチを長押しすると、2番のLEDが

    素早く点滅した後、約3秒後に点灯

に変わります。

これで、IDの書き込みは完了です。

電源スイッチをOFFにしてから、サーボケーブルを外します。


これで、今回の作業は終了です。


今回のサーボモーターはしばらく使わないそうなので、以後出てくるサーボモーターと

間違わないように、適当なビニール袋に入れて保管せよとのことでした。

33-9.jpg

     説明書通り、袋に

         号数・ID番号

       を記載して保管します。




次号も「モップシューズ」の組み立てとかで、あっさり終わりそうですねぇ。





趣味・ホビー ブログランキングへ

格安エフェクター・ベリンガーSF330買っちゃいました

次回の週刊ロビは、「足の裏」を作ったりするだけみたいなので、

33号はいまだ手を付けずの状態です。

早く両足だけでも揃ってほしいものですねぇ^^



そんなわけで、今回もギターネタです。


最近、いい年して、とあるガールズバンドにはまってしまい、ライブのブルーレイなどを

買ってしまいました。


その中で、演奏中の音が妙に気に入り、ネットでいろいろと調べると、どうやら

    歪み系の「FUZZ」

とかのエフェクターを使っているとか。


私自身もエフェクターを何個か買いましたが、この「FUZZ」はまだ持っていませんでした。



しかし、彼女が使っているのは、当然有名なエフェクターで、かつ高価なものです。


初心者の親父が買っても、所詮宝の持ち腐れになりそうなので、ネットで安価な商品を検索・・・。


得意のamazonや楽天市場で探し、比較的評価の良かったものを選択。


それが、

SF300-1.jpg

     ベリンガーの

         SF300



とかいうエフェクターでした。



SF300-2.jpg

     本体と取説

         シンプルですねぇ^^




SF300-3.jpg

     コントロール部のアップ




今まで練習の時は、ディストーションのペダルやマルチエフェクターを使っていましたが、


この FUZZ とやら、いったいどんな音で楽しませてくれるのか、今度レンタルスタジオに

行くのが楽しみです^^





趣味・ホビー ブログランキングへ

Shallerのストラップピンに交換しました。

週刊ロビも次週まで新しい号が来ないし、ストックしている33号も

あっという間に終わりそうなので、しばらく作業停止状態です^^


今回は、もう一つの趣味のエレキギターのお話です。


何気にネットサーフィンをやっていた時に目についたのが、

    演奏中にストラップが外れてギターを落としそうになった・・・

という記事でした。


私も練習に行ったときは、もちろん立って演奏するので、他人ごとではないと思い、

検索すると、ストラップをロックするロックピンというのがあることを、今更ながらに知りました。


これは、是非導入しなければと、amazonで検索^^

ネット上でのレビューも良く、有名で比較的安価な

        Shaller(シャーラー)のセキュリティロック

を注文し、この度無事に取付が完了しました。


知っている人は「いまさら何を・・・」とおっしゃるかもしれませんが、知らない方のために・・・・・

Fender1.jpg


Fender2.jpg
     中身はこんな感じで

        ・ 2個セット

        ・ 長短2本ずつのネジ

        ・ 説明書(英文)  ・ ステッカー



が入っていました。


それでは、取り付けたいと思います。

Fender3.jpg

     私の所有するストラップ達です。



この内の、

Fender4.jpg

 

    この Fender のストラップに取り付けます。




Fender5.jpg
    1セットは

         ストラップ用

         ギター本体用

      に分かれます。


              

Fender6.jpg

     さらに分解すると

         上がストラップ用

         下がギター本体用

       です。





まず、ストラップ本体とストラップ用パーツを準備し、

Fender7.jpg

     ストラップの穴に通します。




ストラップ側の穴が小さいので、盛り上がった部分をカッターでカットします。

Fender8.jpg

     多少雑でも、隠れてしまうので気にしません^^




Fender9.jpg


     裏側です。

       この向きにつける方が良いそうです。




Fender10.jpg


     ワッシャーをはめた後、ナットを

       13mmのスパナで締め付けます。


              

Fender11.jpg


     完成です。




Fender12.jpg


     反対側も同様につけて

       ストラップ側は終了です。





次は、ギター本体へのパーツの取付です。

Fender13.jpg


     ボディエンド側の純正のストラップピンです。




Fender14.jpg


    ボディヘッド側の純正ストラップピンです。




Fender15.jpg

     左が純正のストラップピン

       右がShaller製です。

         黒いフェルトのクッションが付いています。




ネジは同サイズのようなので、Shaller製を使えそうです。

Fender16.jpg


     プラスドライバーで締め付けていきます。


              

Fender17.jpg


     完了です。




Fender18.jpg


     ヘッド側も取り付けて作業終了です。





Fender21.jpg


     ボディエンド側にストラップを

       取り付けてみました。




Fender20.jpg


     同じくヘッド側にも付けてみました。




おおっ! 見た目だけはミュージシャンっぽい^^


まあ、いい年して演奏中に暴れまくることもないですが、そこは保険ということで^^







趣味・ホビー ブログランキングへ

週刊ロビ 32号・33号が来ました。

先週に続き、またしても台風がやってきていますねぇ。

今回は、近畿はどうなんでしょうか。

このブログを書いている時点(10/13 17:00頃)では、やや雨が強くなってきました。

大阪には「大雨・洪水警報」が出ています。



そんな台風の中、出て行く所もないので、昨日日曜日に届いた週刊ロビの32号でも作ることにします。

32-1.jpg


まずは32号を開封します。

32-2.jpg


今回のパーツは、

32-3.jpg

     ・ 右股関節内側フレーム

       ・ サーボケーブル(135mm)



です。


この他に、

32-4.jpg

     ・ 31号で組み立てた右脚
 
       ・ 保護シール




も準備しておきます。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


今回は、あっさりと終りそうです^^



まずは、右股関節内側フレームと右足を用意し、

32-5.jpg

     Dカットを合わせてサーボモーターの

       シャフトにはめ込みます。


             

32-6.jpg

以上で組み立ては終了です。


次に、サーボケーブルと保護シールを用意します。

32-7.jpg


サーボケーブル両端のコネクターの表面に保護シールを貼って終わりです。

サーボケーブルの裏表を確認し、両端のコネクターの

15-11.jpg

    PUSHと書いてある側に保護シールを

      貼ります。




以上で今号の作業は終了です。

32-8.jpg


次号もサーボモーター1個だけみたいですので、また若干様子見かな^^







趣味・ホビー ブログランキングへ

週刊ロビ・31号作成です

台風も近畿地方は何とか通り過ぎ、うちの近くでは大きな被害はなかったようです。

このブログを書いている時点では、まだ関東方面が大変なことになっているようで

被害が最小限であることを祈ります。



さて、昨日の日曜日は、とりたてて行くところもなかったので、ストックしていた

週刊ロビの31号に手を付けました。


パーツはサーボモーター1個だけなので大した作業ではないと思っていましたが、

意外と苦労するところがありました。


31-1.jpg

    まずは、開封しました。




31-2.jpg

    やはり、サーボモーター1個だけです。





それでは作業に取り掛かりたいと思います。

今回のパーツの他に、

31-3.jpg

    ・ 30号で組み立てた右脚
  
      ・ 30号で保護シールを貼ったサーボケーブル

      ・ ヘッドスタンド



も用意しておきます。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まずは、今号のサーボモーターの4本のネジを抜き、裏ぶたを外します。

31-4.jpg


次に30号で保護シールを貼ったサーボケーブルを用意し、

31-5.jpg

    基板上の白いコネクターに接続します。

      今回は、どちらでもいいそうです。


             

31-6.jpg

             

31-7.jpg

    裏ぶたの丸い穴にサーボケーブルを通して、

      裏ぶたを元通りに固定します。

      ※ この時、対角線上のネジのみで仮止めしておきます。





次にヘッドスタンドを用意し、サーボモーターのテストとIDの書き込みを行います。


まず、ヘッドスタンドのコネクターに先ほどのサーボモーターのケーブルを接続します。

31-9.jpg



電源スイッチをONにすると、

06-14.jpg


     全てのLED2回点滅し、


             

06-15.jpg


     その後、1番のLEDだけが点灯します。



この状態で、基板の「TEST/SET」スイッチを押すと、サーボモーターのシャフトが、

        左45度     右45度    正面

と回転して止まります。


次は、サーボモーターにIDを書き込みます。

08-14.jpg

     「UP」スイッチを2回押して


             

31-10.jpg


     3番のLEDが点灯した状態にします。




この状態で「TEST/SET」スイッチを長押しすると、3番のLEDが

    素早く点滅した後、約3秒後に点灯

に変わります。

これで、IDの書き込みは完了です。

電源スイッチをOFFにしてから、サーボケーブルを外します。


いつもはここで作業が終わるのですが、今回は、今IDを書き込んだサーボーモーターを

右脚に組み込みます。


まず、30号で組み立てた右脚を用意し、先ほどのサーボモーターは裏ぶたを外しておきます。

31-11.jpg

    右脚から出ているサーボケーブルを

      先ほどのサーボモーターの空いている方の

      白いコネクターに接続します。


              

31-12.jpg



次に、サーボモーターの接続していない方のサーボケーブルを

31-13.jpg


    矢印の丸い穴に通します。


              

31-14.jpg

    通したサーボケーブルを引っ張りながら

      サーボモーターを右脚にはめ込みます。




このサーボモーターを4本のネジで固定するのですが、この時に問題発生!


説明書や組み立て動画では、

    サーボモーターのシャフト側の「高い面」が右脚のフレームよりはみ出ないように注意

みたいなことを言っているのですが、普通にはめ込むと1mm以上はみ出ます。


結局、はめ込む側を少し広げたりすると、何とか納まってくれました。

1mm以上もはみ出したままでは、絶対に膝が曲がらず、どうなることかと一瞬焦りました。


おそらく、他にも同じような現象が起こった方もいると思います。

31-15.jpg

    最後にネジ4本で固定して終了です。





いやいや~、今回は少し焦りました^^

31-16.jpg






趣味・ホビー ブログランキングへ


プロフィール

つかさ1151

Author:つかさ1151
2014年3月からブログに
チャレンジしています。
週刊ロビの製作日記で始めた
ブログですが、好きな模型作りや
最近始めたエレキギターの
話もしようと思います。
2017年6月からはロビ2の製作も
スタートです^^
このブログについて

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ギター練習にどうぞ^^
月別アーカイブ
おすすめの本
ようこそ!
検索フォーム
現在時間ですよ
カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おすすめ
サウンドハウス
リンク
けいおんファンなら
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム