週刊ロビ・55号製作です。

この前の日曜もあいにく朝からの雨。

またしてもレンタルスタジオへ行けず、ガンガン鳴らすことができず

ストレスがたまりそうです・・・・



そんなこんなで、3月最後のアップは「週刊ロビ」です。

54号を組み立てた後に、続けて作業は終わっていたんですが、

作業報告を出し惜しみしていました^^



まずは開封しました。

55-1.jpg



今回のパーツは、

55-2.jpg

     ・ スピーカーステー

       ・ スピーカーカバー

       ・ スピーカー

       ・ M2×6mm皿ネジ(1本予備が入っています)



以上です。


この他に今回は、

55-3.jpg

     ・ 44号でテスト済みの左腕



も用意しておきます。


それでは、組み立てに取り掛かります。

いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まず、スピーカーカバーとスピーカーを用意します。

55-4.jpg

     スピーカーの「黒いコーン紙」に触れないよう

       注意しながら、スピーカーカバーの内側に

       スピーカーをはめます。


             

55-5.jpg




次にスピーカーステーと左腕を用意し、

55-6.jpg

     左肩サーボのケーブルをスピーカーステーの

       中央の四角い穴に矢印の方向に通します。


             

55-7.jpg




先ほどのスピーカーとスピーカーカバーを用意し、

55-8.jpg
     スピーカーカバーとスピーカーステーを

       組み合わせます。

       ※ スピーカーのケーブルを挟み込まないよう

        注意します。


             

55-9.jpg

     2か所をM2×6mm皿ネジで固定します。


             

55-10.jpg




最後に、

55-11.jpg

     スピーカーを左ボディにはめ込みます。


              

55-12.jpg



これで今回の作業は終了です。

ようやく上半身の半分が出来上がってきました。


次の到着分で上半身がほぼ出来上がるみたいです。

楽しみ楽しみ^^


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ



スポンサーサイト

レスポール用ケース

なかなか、ギターのブログネタがないので、いつもお世話になっている

ねぎとろさん を真似て、ケースのお話など・・・^^


1昨年の年末に念願の Gibson レスポールを買ったんですが、購入したのは

大阪市内の「イシバシ楽器」さん。


その時のネットでの案内が

   今買うと、
   
      Gibson USA オリジナルギグバッグ(非売品) ・ カレンダー ・ 弦 ・ オレンジオイル

   をプレゼント!

というものでした。



購入したのは、Gibson レスポール トラディショナル 2013年モデル でしたが、

基本的に付いてきたのは、まず「ハードケース」です。

gibson32.jpg


開いてみると、

gibson33.jpg


     モコモコしてますね^^




gibson34.jpg


     小物入れもついてます。




納めてみると・・・

gibson35.jpg


     当然ですが、ピッタリ

       まさに、レスポール用ですねぇ^^





それと、キャンペーンとして付いてきたのが・・・

gibson36.jpg


       持ち手の部分もしっかりした構造です。




開いてみると、

gibson37.jpg


裏は、こんな感じです。

gibson40.jpg

      写真では1本しかショルダーストラップを

        出していませんが、使わない時は

        収納できるようになっています。




納めてみました。

gibson38.jpg


     ネックも2か所で固定できます。




gibson39.jpg

     レスポール特有のヘッドの反りも

       段差で問題なく納まっています。




クッション性も良く、これでサービス品なら結構いいんじゃないでしょうか^^



ちなみに、ギター本体は Made in USA でしたが、

ハードケースは Made in Costa Rica(コスタリカ) で

ギグバッグは Made in China でした(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ



週刊ロビ 54・55号です

本日のアップは、「週刊ロビ」です。


昨日の日曜は所用で結局レンタルスタジオに行けず仕舞いでした・・・・残念



まあ、その分、届いた週刊ロビを組み立てましたが、54号はサーボモーター1個だけでしたので

勢いで55号も手を出してしまいましたが^^


54-1.jpg



まずは、54号から、

54-2.jpg


パーツは・・

54-3.jpg


     サーボモーター1個だけです。




この他に

54-4.jpg

     ・ ヘッドスタンド

       ・ 53号で保護シールを貼ったサーボケーブル




も用意しておきます。



それでは、組み立てに取り掛かります。

いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。


まずは、サーボモーターの4本のネジを抜き、裏ぶたを外します。

54-5.jpg


53号で保護シールを貼ったサーボケーブルを用意して、

54-6.jpg

     基板上の右側の白いコネクターに接続します。


             

54-7.jpg

             

54-8.jpg

     裏ぶたの丸い穴にケーブルを通し

       裏ぶたを4本のネジで固定します。




次はこのサーボモーターの動作テストとサーボIDの書き込みです。

ヘッドスタンドを用意して、

54-9.jpg

     サーボモーターのケーブルを

       基板上の白いコネクターに接続します。



電源スイッチをONにすると、

06-14.jpg


     全てのLED2回点滅し、


             

06-15.jpg


     その後、1番のLEDだけが点灯します。



この状態で、基板の「TEST/SET」スイッチを押すと、サーボモーターのシャフトが、

        左45度     右45度    正面

と回転して止まります。


次は、サーボモーターにIDを書き込みます。

08-14.jpg

     「UP」スイッチを12回押して


             


54-10.jpg



     13番のLEDが点灯した状態にします。





この状態で「TEST/SET」スイッチを長押しすると、13番のLEDが

    素早く点滅した後、約3秒後に点灯

に変わります。

これで、IDの書き込みは完了です。

電源スイッチをOFFにしてから、サーボケーブルを外します。



以上で54号の作業は終わりです。

あまりにもあっけなく終わったので、55号も開封し組み立ててしまいましたが、

その記事はまた後日アップします^^


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ



VOX amPlug I/O 使ってみました

先日購入した、 VOX amPlug I/O を使ってみました。

結論から言って

   これ、結構使えるし、面白い

って感じでした^^


ASIOドライバー対応ですので、VOXのホームページから

最新版のドライバーをダウンロードしてインストールすれば

バンドルされていた JamVOXⅢ も快適に使えます。

dscf2455.jpg


     この部分が左右に180°動くので

       ストラトにも無事挿せました。


              

dscf2456.jpg  dscf2457.jpg




USBジャックは本体上部にあり、付属のUSBケーブルを接続します。

dscf2458.jpg

     もう一方をパソコンにつなげば準備OK





同じく本体上部の切り替えスイッチで 
           
            USB を選べばUSBバスパワーでオーディオインターフェース

また、

            BATTERY を選べば、チューナーやオーディオインターフェース

として使用できます。

dscf2454.jpg




あとは、ギターに挿して、パソコンで JamVOXⅢ を立ち上げ、

JamVOX02.jpg   

     ドライバー を asio にすると接続可能な

       オーディオインターフェースが表示されます。



私の場合、

   POD Studio GX

もつないだりしますので、両方が表示されています。

ここで、

   VOX 2ch Audio Device

を選んでやれば、無事設定は完了です。

JamVOX01.jpg




これで、好みのアンプやエフェクターを選んで楽しく練習ができそうです^^

練習動画は後日改めてアップしたいと思います。

         

         

         

         

         


その後の使用した感想です^^


これって、机の前でギター構えてモニター見ながら演奏する分には

申し分なく面白いんですが、いかんせんUSBケーブルが1.5mしかないため

立って演奏したりするにはちょっと厳しいですねぇ^^


いつもコメいただいている、 ねぎとろさん からの質問で「そういえば・・」と気付かされました(笑)


ゆったりとくつろいで弾くのにはもってこいですけどね^^



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


VOX amPlug I/O 買ってしまった・・・

先日来より、JamVOXⅢ というのが気になって、フリー版を

ダウンロードして使ってみたんですが、これがなかなか初心者にも

優しいソフトで興味は増す一方でした。


ところが、単品でソフトを買うと約$99とのこと。

日本円で1万円ちょっとですねぇ。


先日アコギ用のピックアップを買ったばかりなので、どうしようかと悩んだ挙句、

ネットで見つけたのが、



     VOXの amPlug I/O



という商品。


エレキギターのジャックに直接さすUSBタイプのいわゆる

      オーディオインターフェース

です。


商品そのものも気になりましたが、何といっても JamVOXⅢがバンドルされている。

これで7,000円弱ですから、いつもの癖で、おもわずポチってしまいました^^



んで今日届いたのが、

dscf2439.jpg

    どこにでも吊ってるような梱包ですねぇ^^




中身は、

dscf2440.jpg

    ・ 本体

      ・ USBケーブル
      
      ・ 電池

      ・ 説明書  等




この中で、JamVOXⅢと書いてある名刺サイズの紙の裏に

ソフトの Product code が記載されていて、フリー版を立ち上げた時に

そのcodeを打ち込んで正規品と認証させるみたいです。


dscf2444.jpg


     電池を入れて電源を入れてみました。




dscf2445.jpg


    本体上部です。




dscf2447.jpg       dscf2449.jpg

      ストラトに挿してみました。                   レスポールに挿してみました。



無事、JamVOXの認証も完了したので、テスト結果は後日にでも報告します。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


週刊ロビ・53号製作です

ギターネタが続いたので、今回は「週刊ロビ」ネタです^^


本当は届いたときに52号共々とっくに作り上げていたんですが、

ギターネタを続けたので間が空いてしまいました。



まずは53号開封です。

53-1.jpg


今回のパーツは、

53-2.jpg

     ・ ネックフレーム

       ・ 首用ワッシャー(1個予備に入っています)

       ・ サーボケーブル



以上です。


この他に今回は、

53-3.jpg


     ・ ヘッドスタンド

       ・ 保護シール



も準備しておきます。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。



それでは、組み立てに取り掛かりたいと思います。



まずは、ヘッドスタンドを用意して、背中のサーボケーブルをテストボードから外します。

53-4.jpg



次に、少し残酷ですが(笑)、せっかく取り付けていたロビ君の頭部を胴体から抜きます。

53-5.jpg



ヘッドスタンドスタンド用サーボカバーの4本のネジを抜きます。

53-6.jpg


次に、サーボケーブルを抜いてしまわないように注意しながら、

サーボカバーを持ち上げ、サーボモーターの4本のネジを抜きます。

53-7.jpg

              

53-8.jpg


     基板上のサーボケーブルを抜きます。


              

53-9.jpg


マフラーは外した状態で、先ほどの逆順で首を取り付けます。

53-10.jpg


     マフラーが無いと何か貧弱です^^






次は、外したマフラーにネックフレームを取り付けます。


53-11.jpg

             

53-12.jpg



首用ワッシャーを用意し、丸い刻印があることを確認します。

53-13.jpg


     刻印のある方をマフラー側に設置します。




53-14.jpg

     ネックフレームの円柱の溝がある

       部分にカチッとはめ込みます。


              

53-15.jpg



最後に、サーボケーブルと保護シールを用意します。

53-16.jpg



サーボケーブルの裏表を確認し、両端のコネクターの

15-11.jpg

    PUSHと書いてある側に保護シールを

      貼ります。




両端とも貼り終わったら終了です。


53-18.jpg


次号は、またサーボモーター1個だけみたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ


アコギ用ピックアップ買いました。

前回に引き続き、ギターネタです^^


先日 youtube にアコギの演奏動画をアップしましたが、リニアPCMレコーダーで録画しただけの

ものだったので、技量はともかく^^ 音量も小さくイマイチな気がしたので、またしてもネットサーフィン。


そこで発見したのが、





       その名も GUITAR PICKUP

            ・・・ そのまんまのネーミングですねぇ^^



一番の魅力は、親父の財布にも優しいリーズナブルなお値段。

レビューも意外と高く(過信は禁物ですが)、思わずポチってしまいました^^



今日届いたのが、

dscf2432.jpg


何とも怪しげな箱ですねぇ^^

しかもメーカー名すら記載ありません(いわゆる、ノーブランドってやつですか)。



中身は、

dscf2434.jpg

    これだけです。




説明書も保証書もありません。

値段相応といったところでしょうか。


裏返すと、

dscf2435.jpg


    この部分をボディに挟み込むようです。




裏には「合格証」が貼ってあります。


・・・・・ ん? よく見ると「証」の字が「证」つまり「簡体字」のようです

dscf2436.jpg


住所も「広州市」ではなく「广州市」になっています。


なるほど、MADE IN CHINA だったんですね。



少し心配になりましたが、とりあえず取り付けてみることに・・・

dscf2438.jpg     dscf2437.jpg




取り付けは1分もかかりませんでした。

あとは音次第ですね。

後日、結果報告の動画をアップしたいと思います^^


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ



DTM ・ DAW ・・・ う~ん、難しい^^

先日、アコギの演奏動画を厚かましくも youtube にアップしましたが、

同日、同じ方法(PCMレコーダーで録画しただけのもの)で撮影したエレキの

練習風景をパソコンで確認すると音割れがひどく、とてもアップできるような

映像ではありませんでした(まあ、演奏自体もたいしたことはないですが^^)。



そこで、この年になって DTM というものにチャレンジしてみようと思い、

いつもコメを頂いている ねぎとろさん にお知恵をお借りしたり、ネットで

いろいろと情報を得たりしながら、勉強を始めることに・・・。


パソコンは数十年前に8ビットパソコンに始まり、MS-DOSからWindowsへと

乗り換え、ある程度の知識はあるつもりでしたが、DTMとなると全く未知の世界でした。

いただいた情報などを頼りに現在進行形で取り組んでいます^^


そこで、一つ考えたのが、自分の持っている機材で何とかなるのかということです。

オーディオインターフェイスとして、実は2年前に安価な


dscf2429.jpg


    LINE6 POD STUDIO GX



というのを買ってパソコンにつなぎ、付属のソフト POD Farm 2.5 で

ギター練習をしていました。


当時はまだ、エフェクターなんか持っていなかったんで、結構重宝できるソフトでした。



次に、最近購入したのが オリンパスの

dscf2431.jpg


    リニアPCMレコーダー LS-20M




という撮影機材です。



これは、前面にステレオマイクが付いているので結構いい音で録画できるんですが、

感度が良すぎて、この前のスタジオ練習の時は音が割れてしまいました。


ただ、このレコーダーは、有難いことにマイク端子に外部機器をつないで「LINE」入力

ができるんです。


そこで、思いついたのが、Studio GXのイヤホンジャックからレコーダーにつないで

録画するという方法です。

方法としては、

    エレキギター  シールド  Studio GX  オーディオケーブル  

    リニアPCMレコーダー

とつなぎ、パソコンから POD Farm 2.5 を立ち上げ、さらに メディアプレーヤーで

適当な音楽を流しながらギターを演奏しながら録画するといった具合です。


まだ、想像上だけなので、うまくいけば、親父のつたない演奏動画でもアップしたいと思います^^

合わせて、DTMも何とか習得したいと思います^^


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


週刊ロビ 52・53号が来ました。

今回のアップは「週刊ロビ」です。

日曜にギターの練習に行って、帰宅すると届いていました^^

52-1.jpg

     何やら52号が異様に分厚いですねぇ




早速52号を開封しました。

52-2.jpg



今回のパーツは、

52-3.jpg

    ・ 腰フレーム

      ・ 下腹カバー

      ・ M2×6mm皿ネジ(1本予備が入っています)

      ・ ボール(なるほど、これが厚さの原因です)




これらの他に今回の作業では、

52-4.jpg
     ・ 左右の脚

       ・ バッテリー

       ・ ヒップカバー

       ・ マイコンボード



も準備しておきます。


いつものように、詳しい作り方は、毎度おなじみのデアゴ社の公式HPを確認です。



それでは、組み立てに取り掛かりたいと思います。


まずは右脚とヒップカバーを用意し、

52-5.jpg

     赤丸の Dカット を合わせてはめ込みます。


             

52-6.jpg

     左脚も同じようにはめ込みます。


             

52-7.jpg



次に腰フレームを用意し、

52-8.jpg


     左右のサーボケーブルを写真のように

       通します。


             

52-9.jpg

             

52-10.jpg

     さらに、矢印の方向にケーブルを

       引き出します。


             

52-11.jpg



次は、充電ジャックケーブルを腰フレームに通します。

52-12.jpg

             

52-13.jpg

             

52-14.jpg

     腰フレームの丸い穴と両脚の丸い突起を

       合わせてはめます。


             

52-15.jpg

             

52-16.jpg

     2か所をM2×6mm皿ネジで固定します。





次にサーボケーブルの左右が後でわかるように、とりあえず右脚のケーブルに

テープで目印をつけておきます。

52-17.jpg



次は下腹カバーを用意し、

52-18.jpg

     下腹カバーの丸い小さな穴を

       腰フレームの小さな突起にはめます。


             

52-19.jpg


両脚を左右に広げて、

52-20.jpg


    充電ジャックケーブルを腰フレームの溝に

      はめ込みます。


             

52-21.jpg

     M2×6mm皿ネジ1本を使って、

       下腹カバーを固定します。




最後にマイコンボードとバッテリーを用意し、

52-22.jpg

     microSDカードから1番目のコネクターに右脚

       2番目のコネクターに左脚のそれぞれの

       ケーブルを接続し、



最後にバッテリーを接続すると・・・

[広告] VPS


無事に動作してくれました^^

ようやく、下半身がほぼ完成しました。

52-23.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

 

初めての演奏動画(アコギ編)

今日は久しぶりに晴れの日曜だったので、近所のレンタルスタジオに行ってきました。

エレキとアコギの2本持ちで行ったので、背中にアコギ、右手にGibson、

左手にエフェクターケースを持ち、結構目立ってしまいました^^


以前、ビデオレコーダーを買ってから、一度も演奏動画用として活用していなかったので

今日は初めてチャレンジしてみました。


ただ、今日は隣の部屋で学生さんがバンド練習をしていたので、

ドラムの音が結構響いてきて、しょぼいアコギの音をレコーダーに録音させるのは

かなり至難の業でした。

大きな音で弾こうとすると弦がビビッてしまったりと、なんかイマイチの動画になってしまいました・・・



厚かましくも youtube にアップしてみましたので、お耳汚しとは思いますが、

見てやってください (>_<)




ちなみに、音が今一つだったんで、過去の日記を見ると、アコギの弦交換は

なんと昨年の7月でした。


どうりで、こもったような音だったんだと思い、早速新しい弦を購入。

アコギ弦


     初めて D’Addario のアコギ用を

       買いました。




学生時代から、アコギ用の弦は Martin ばっかりだったんですが、今回は

エレキ弦でも時々お世話になっている D’Addario を買ってみました。

200円ほど高かったけど、違いは分かるかなぁ^^


そのうち、交換してやりたいと思います^^


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ


プロフィール

童心親父

Author:童心親父
2014年3月からブログにチャレンジしています。
週刊ロビの製作日記で始めたブログですが、好きな模型作りや最近始めたエレキギターの話もしようと思います。
2017年6月からはロビ2の製作もスタートです(^^♪
このブログについて

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ギター練習にどうぞ^^
おすすめの本
月別アーカイブ
ようこそ!
検索フォーム
カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる