FC2ブログ

Gibsonレスポール shaller化完了!

今回はギターネタです^^


以前、FenderのストラトにShallerのロックピンを付けましたが、

今回はGibsonレスポールにチャレンジです。



先日すでに購入済みだったのが、

gibson16.jpg


     Shallerのロックピン





これを今回は、

gibson15.jpg


     これと



gibson31.jpg



     これに



取り付けたいと思います。



まずはストラップから


gibson17.jpg


     この方向がベストだそうです。




表は、

gibson18.jpg


     相変わらず穴の径は合わないので

       カッターでカットします。


              

gibson19.jpg



     多少雑でも気にしません^^


              

gibson20.jpg



     ワッシャーとナットをはめて

       13mmのスパナで締め付けます。


              

gibson21.jpg



     両方取り付けてストラップは完了です。






次は問題のギター本体への取り付けです。


まずはヘッド側ですが、こちらはShaller付属のネジで問題なく取り付けられます。

gibson22.jpg


     これが


              

gibson23.jpg



     こうなりました^^





次はいよいよ、お尻側です。

gibson24.jpg




ネット上で散々探しても、結構難しいようなことが書いてありましたが、そんな中で


ある人のブログで「爪楊枝を使う方法」を見つけ、今回はそれを実践しました。


いくら、一生ものと決めて購入したギターとは言え、やはり傷つけず大事に使いたいものです。


そこで、ボディに穴をあけたりせず、比較的ダメージの少ない方法だと思い、爪楊枝作戦を


実行することに・・・


gibson25.jpg



どう見ても、純正のネジの方が太いです。


まずは、

gibson26.jpg


     これを用意して・・・

        (もちろん未使用品です^^)


              

gibson27.jpg


     純正ネジの長さにカットします。





カットした爪楊枝を半分に裂いて(写真を撮り忘れました)

gibson28.jpg


     ちょっとわかりにくいですが

       ネジ穴に差し込んでいます。




この爪楊枝と爪楊枝の間にShallerのネジを使って取り付けると

gibson29.jpg



思ったより、しっかりと固定されました。


gibson30.jpg


ストラップを付けて引っ張ってみましたが、ガッチリしています。


プロはネジ穴を一度埋めて、新たにネジ穴をあけたりするそうですが、


素人親父にはこれで十分な仕上がりでした。


この方法を写真入りで解説してくれていた「あのブログ主さん」・・・ありがとう!!






趣味・ホビー ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

童心親父

Author:童心親父
2014年3月からブログにチャレンジしています。
週刊ロビの製作日記で始めたブログですが、好きな模型作りや最近始めたエレキギターの話もしようと思います。
2017年6月からスタートした「ロビ2」も完成し、今は老化防止の指先作業としてガールズ&パンツァーの模型作りに精を出してます (^^♪
このブログについて

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ギター練習にどうぞ^^
月別アーカイブ
ようこそ!
検索フォーム
カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる